肌の水分が大事な理由

乾燥は天敵

頬を触る人

夏や冬などの気温の変化が激しい日には肌へのダメージが気になります。夏場は強い紫外線に1日中さらされるため、それが原因でシミになってしまうこともあります。寒い冬は空気が乾燥する時期であり、肌がとても乾燥しやすくなります。乾燥した肌は放置すると固くなって弾力が損なわれたり、ひびが入って盛大に荒れてしまったりします。肌荒れは、冬場の乾燥でとくに気を付けなければならない問題の一つです。前述のように肌荒れの主な原因は乾燥です。と言っても、空気が乾燥することではなく肌が渇いて水分が逃げて行ってしまうことにあります。肌に含まれる水分が揮発しやすい乾燥肌の人はなおのこと注意しなければなりません。水分がなくなった肌は刺激に対してもろくなります。温度や化学物質の影響も受けやすくなり、些細な刺激で角質がはがれ落ちたり、炎症になって赤く腫れたりします。改善するには、肌の保湿力を高めてあげることが重要になります。肌荒れの改善は化粧品選びから始まります。保湿力の高い成分が含まれている物を選ぶわけですが、肌荒れ悪化の原因となる化学添加物がない物にしましょう。代表的な添加物はアルコールです。多くの化粧品に入っているので気をつけましょう。刺激が強い場合も肌荒れを悪化させる可能性があるため、なるべく避けるようにしましょう。ネットなどで口コミを参考にすると、有用な情報が手に入ります。肌荒れは原因が分かれば対処しやすいトラブルです。肌の保湿は十分か、刺激の強い化粧品を使っていないかなど心当たりを探してみましょう。

対策することで防げる

女の人

20代後半に差し掛かると、お肌の悩みはつきものです。かさかさと乾燥したり、ニキビになったり、赤みがでたりと肌の調子が悪いと、メイク映えもせず気分がふさいでしまいますね。肌荒れの原因はどのようなものがあるのでしょうか。まず、肌荒れは生活習慣が原因となっていることが多いです。睡眠不足は、肌の水分蒸発を促してしまい乾燥肌になってしまう原因ですし、過労やストレスによってホルモンの分泌量が変化し肌荒れをもたらします。睡眠を十分にとるようにして、仕事の途中も適度にリフレッシュし、ストレスを溜めないように意識しましょう。また、外食がメインで必要な栄養が取れていない場合も要注意です。野菜が不足しているとビタミン不足となり、ニキビなどを引き起こします。また魚介類を採らないと、ミネラルが不足しハリのない肌になってしまいます。さらに糖分の多い食事をしていると、肌のコラーゲンと糖が結合し、くすみの原因になると言われています。きちんと食事に気を付けていても、特定の栄養素だけ不足してしまう場合もあります。一度食事内容を見直し、足りていない食材はないか見つめ直すと良いでしょう。また冬の暖房と夏の紫外線は、お肌の強敵です。暖房を使用する際は、加湿器を設置するなどして対策しましょう。オフィスで使用できる携帯用の加湿器も販売されています。また、夏の紫外線は、表面の皮膚にダメージを与えるだけでなく、真皮にまで到達して深いしわなど深刻な肌荒れをもたらします。日焼け止めクリームをこまめに塗って対策しましょう。

追求とケアの取り組み

2人の女性

体調や精神状態は表情以外に肌荒れとして表面化しやすいため、普段から健康維持を心がける必要があります。表情であればなんとかカバーできますが、肌荒れは様々な原因が重なりますので、そう簡単に治せるものではありません。しかし、誰もが経験するような症状であることから、肌荒れに対応した化粧品はたくさん販売されています。まずは肌荒れが慢性化しないように原因を追究し、十分に把握したうえでの化粧品選びがポイントとなるでしょう。肌荒れの原因として多いのが皮膚の乾燥で、カサカサや痒みで引っ掻いてしまうことがあり、ヒリヒリと痛みを感じるときは要注意です。乾燥そのものの原因はいくつか存在し、例えばお風呂上がりの急激な水分低下のほか、洗いすぎは皮膚のバリアである皮脂膜を薄くします。つまり、肌荒れの状態を表面で見た場合、皮膚をガードする機能が失われているということです。そんなときには保湿力の高い化粧品が効果を発揮し、さらに低刺激タイプであれば回復と悪化の連鎖が止められることでしょう。このほか、ストレスや寝不足と偏食などが原因でビタミン不足が発生し、皮脂の過剰分泌によるニキビも肌荒れを引き起こします。サプリでも改善は可能ですが、女性はニキビケアの化粧水が人気となっていますので、ニキビの種類に合わせて選択してみるのも良いでしょう。お化粧は多くの人が日課のひとつであるため、日常での使用により、時間とコストの節約にもつなげられます。